Familial Medicine familydoctor

“コレステロール数値が高いですね。”


あなたは病院の健康検診でこのようなことを言われたり、このような結果表が職場に届いたことはないですか?


おそらく、コレステロールという言葉を初めて聞いたという方はほとんどいないと思いますが、実際に自分の血液中コレステロール値が高いとしたら、どうしたら良いか戸惑う方が多いと思います。


そこで、ご用意いたしました。 '私の血液に脂肪が?'(脂質異常症)シリーズです。




第二弾 コレステロール、あなたの正体は?(アシュラ伯爵のようなコレステロール)


いつの間にかコレステロールとは、私たちの体にとって必要なく、病気を引き起こす毒性のようなものだけで認識されていますが、医学的にコレステロールは必要な物質であることを確かめておきたいと思いました。


今日はコレステロールとはどのようなものか説明いたします。




아수라일본.jpg


マジンガーZというマンガに登場するアシュラ伯爵は、Dr.ヘルという悪党が火山で死んだ男女のミイラを縫合して作ったキャラクターであり、 身体の右半分は女性、左半分は男性となっています。


コレステロールは二つの顔をしています。


一つ目の顔は、私たち体にとってとても重要な構成要素であり、


二つ目の顔は、心血管疾患と脳卒中を引き起こす要因であります。


コレステロールは、体のなかでどんな働きをしているでしょう。****


1.細胞膜の構成


2.神経系の構成


3.ビタミンの吸収にアシスト


4.ホルモンの生成


5.ビタミンDの生成




私たちの体は細胞から構成されますが、この細胞膜に必要なものがコレステロールです。


特に、脳、脊髄、末梢神経系の神経系膜にコレステロールが必要です。




ビタミンは脂溶性ビタミンと水溶性ビタミンがあります。


水によく溶けて腸で容易に吸収される水溶性ビタミンとは違って、脂溶性ビタミンは容易に吸収されません。


肝から出るコレステロールは胆嚢を経て、胆汁となり腸に放出され、脂溶性ビタミン(ビタミンA、D、E、K)と混ざり、腸に容易に吸収されできるよう手伝います。





  • 私たちの体にはいくつかのホルモンがありますが、ホルモンのうち多くのホルモンがコレステロールを必要とします。




  • ステロイドホルモン(コルチコステロイド、アルドステロン)

  • 性ホルモン(テストステロン、エストロゲン、プロゲステロン)





ビタミンD合成に必要な物質としてコレステロールが必要です。


(昔から、くる病、骨粗鬆症など骨の健康に関連していると知られているが、


最近はその他にも様々な部分にて役割を役割を果たしているという研究がある。)




vitjp.jpg


コレステロールの化学式です。 ホルモンとビタミンDと形が似ていまよね?ホルモンとビタミンDを作るためには必要です。(出処:wikimediaにopenされている化学式を集めて作成してみました。)


それではこのように必要なコレステロールがなぜ健康の敵になったのでしょう。


それは、コレステロールが細胞膜を構成するくらい、細胞膜と親密性を持っているという長所が、むしろ過剰になると、細胞膜に過度に蓄積する恐れがある短所として作用する恐れがあることです。


アテローム性動脈硬化症とは、コレステロールが血管の壁に積もって血管が狭まる現象のことですが、


これが心臓血管に発生すると、狭心症、心筋梗塞を誘発し、脳血管に発生すると、脳梗塞(中風)を発生させます。 その他にもすべての血管に異常を起こすことができて、頚動脈、腎臓血管、大動脈と末梢血管にも影響を及ぼします。


(出処:wikimediaにopenされた首脳血管やアテローム性動脈硬化症および血栓が発生した血管)


血管の壁の内部にコレステロールがたまって血管内皮細胞の増殖が起こり、血管が厚くて狭くなります。


ここに白血球のような炎症細胞と物質、活性酸素の発生などで血管の内壁が弱まってよく破裂します。


この血管内皮が破裂すると、血が出て血栓が発生し、血管を塞いで血液循環が悪くなり、病気を起こします。


(2015-Harrison's
Principles of Internal Medicine-19th Edition)


死亡の危険性の高い心血管疾患(心筋梗塞)とライフの質を急激に下げる脳梗塞の危険因子の一つとして指摘されたコレステロールは、これまでのたゆまぬ研究を通じて血中LDL-コレステロール(低密度コレステロール)が高いほど、疾病の危険が増加して、数値が低いほど病気を予防して、再発を防止するという研究が累積されながら、適正以上の数値は健康の敵として認識されました。


私たちの体に必要なコレステロール、しかし、過剰になると逆に病気を起こして毒になることもあり得るということ。儒教で言う'重用'が思い出されるコレステロールです。




この後は、コレステロールに関わるまた別のテーマで参ります。




familydoctor.jpg



健康な方々が更に健康になれるように応援いたします。


治療医学だけでなく、臨床的予防医学も重要視しています。


難しい医学を分かりやすく説明するために努めて参ります。


食習慣や運動など、健康的な生活と医学との関連性にも関心を寄せています。


多様な民間療法について科学的かつ医学的でありながらも、開かれた姿勢を持ちます。


もっと多くの方々からご自身の健康についてお気軽にご相談していただける医師になるために努力いたします。



DQmNoseiocDgz6PfSPm7hrBxXSAE47XC6qoTsamJBp2XVdS_1680x8400.jpg

아래 글들도 읽어보세요.
'私の血液に脂肪が?'(脂質異常症)シリーズ 第4弾 “コレステロールの薬”について知りたいです。
'私の血液に脂肪が?'(脂質異常症)シリーズ。 第6弾 私たちが食べている様々な種類の脂肪を知っていますか?
  • Tag
  • 0
  • 0
  • View@Mediteam.us 278
Prev Article : 혈압약은 한번 먹으면 계속 먹어야 하나요? Next Article : 고혈압 약물 치료에 대해 궁금하세요?
Comments :: Steem 에서 댓글 달기
Prev Article : 혈압약은 한번 먹으면 계속 먹어야 하나요? Next Article : 고혈압 약물 치료에 대해 궁금하세요?