こんにちは。応急医学科専門医lylmです。これから応急措置完全征服をテーマで話を使用かと思います。何卒役に立ち、楽しくお読みいただければと思います…^^

野外活動が多い季節ではありませんが、春になるとハチのような虫に刺されることがめったに見かけることはありませんがたまにあります。最近殺人アリという話題になったテーマもありますが、日韓で一番頻繁に起きる八刺されに対する話をしようと思います。

Q1 ミツバチ vs スズメバチにより刺されること、医学敵に差はあるのでしょうか。

ある場合も、ない場合もあります。ミツバチは一回、スズメバチ何回も針を刺すことができます。聞いたことのある話だと思いますが、ミツバチは針を刺時に毒のある針が体から取り出されるため、死んでしまいます。そしてミツバチが残した毒針にはポケットがしがみついています。反面スズメバチはそうではありません。死なないため、何回も刺すでしょうね?なので危険度というのはスズメバチのほうがもっと高いでしょう。いくつかのスズメバチの種類の中では深刻な全身反応を起こす可能性が高いと言われております。

honeybee.jpg
こいつがミツバチ
wasp.jpg
こいつはスズメバチ

Q2 それでは毒針を除去する方法は何でしょうか?

ミツバチが刺して皮膚に残された毒針にはポケットが一つしがみついていますが、これは除去するため、カミソリ、コインのような滑らかな物体で掻くよう除去scrap(スクラップ)するようにします。実は教科書や文献によると根拠の十分ではない話です。毒針ポケットは触ることで収縮されるわけではないく、不随意筋(involuntary muscle)が収縮するので自動的に注入されるので、すでに刺されていると特に大きな差はありません。それにも関わらず、できるだけ早めに除去することが重要ですよね?除去する方法は上で話した通常の方法を使っても問題ないと思います。
beesting.jpg
ミツバチの痕…何かしがみついていることが見えますね?

Q3 毒針の成分は各血が宇野でしょうか?

多様なミツバチの成分にはヒスタミン、メリチンなどの似たような成分が入っており、この成分たちが類似な局所反応、全身反応を誘導します。文献によると刺された後、局所痛症や腫れの程度には大きな違いはないということです。(但し、いくつかのスズメバチに刺される場合は全身毒性反応が深刻に表したりのします。) よってミツバチに一回刺されたことがあるがその当時に単純に刺されたところが垂れることに終わらず、全身反応がおり危険に陥ったことがあるのであれば、その人は未来の他の種のミツバチ(ミツバチであろうがスズメバチであろうが…)により刺されても同様他人より急激な局所、全身反応が起こり、危険になる可能性が高いです。こういう方々にはimmunotherapy 免疫療法というものを前もってしたりもします。

ハチに刺された時!! 応急措置完全征服~

  1. 流れる水に石鹸で軽く部位を洗う
  2. 腫れを最小化、毒性物質の吸収を遅延:アイスパックマッサージ
  3. 痛症 : 消炎鎮痛剤(痛み止め)服用(処方せんなしで買うことができます。)
  4. その他のかゆみなど局所不便な感じ : 抗ヒスタミン薬服用(これも市販品で処方せんなしで買うことができます。)

もし、どの種類のハチなのか確認しようとするのは危険です。また刺されます! ハチに何回も刺されることで状態が急激に悪くなる可能性があります。

ハチに刺された時!! 病院に必ず行くべきなのか?

一番重要な内容ではないでしょうか。

ハチ刺されると大きく身体に起きる反応は二つです。刺されたところの局所反応、全身に起きる全身反応です。

局所反応だけあって、持っている病気なく、若く健康である方であれば、必ず病院に行くべきであるというのはちょっと難しいです。上で説明した通り、応急措置を行っていればよいでしょう。

ただし, 全身反応がある場合、直ちに119に電話したり、応急室へ移動するのがよいでしょう。全身反応は深刻なアレルギー反応であると認識してもらえばいいですし、病院ではよく anaphylaxis アナフィラキシー と言います。

713px-Signs_and_symptoms_of_anaphylaxis.svg.png
from wikimedia.org

まず、体中に発疹ができたり、かゆみが出来たり、体に力がなくなります。意識を失うこともありますし、息も吸うことが難しくなり、胸が苦しくなることもあります。症状があるので、病院に行きたくなるのも当然です。( ;∀;)

局所反応が少しだけあってから、全身応にあんることもあります。

なので、ハチに刺された回数が多いというのであれば、直ちに119にお助けを言い出し、病院に向かうのがよいです。
また、お年寄りであったり、身体条件が弱い幼児、妊産婦、既存慢性疾患がある方も同じです。

ハチ刺されに対する簡単な説明と応急措置方法はこれまでにいたします。

テーマが応急医学であるため、普段役に立ち、読んでいると楽しい内容を書いてみようとおみます。
コメントなどお気楽にどうぞ。読んでいただきありがとうございます。^^

DQmW6qYsoDhwPvqKqGPJopqULujuttasuww9SAEaGYzdCs2.jpeg

原作: @lylm - [응급처치 완전 정복 1. 벌 쏘임(Bee sting)
]](https://steemit.com/kr/@lylm/1-bee-sting)
翻訳: @sleepcat
※ 메디팀관련 일본어번역은 mediteam의 허락하에 번역되었습니다.
※ meditem関連日本語投稿はmeditemの許可の元に翻訳されました。

  • Tag
  • 0
  • 0
  • View@Mediteam.us 123
Prev Article : 脂肪肝? 肝に脂肪がたまるんですって? 脂肪… Next Article : 応急措置完全征服 2. アカヒアリに刺される…
Comments :: Steem 에서 댓글 달기
Prev Article : 脂肪肝? 肝に脂肪がたまるんですって? 脂肪… Next Article : 応急措置完全征服 2. アカヒアリに刺される…