皆さんは爆弾テロと言われるとどんな事件を思い浮かびますでしょうか? 個人的には昨年に発生したイギリスのマンチェスターアリーナ爆弾テロ事件が浮かびます。イギリス最悪の爆弾テロで記録されたこの事件はアリアナグランデの講演の終わりごろに発生し、爆弾の爆発で22名が死んで50名がケガをしました。2013年ボストンマラソン大会爆弾テロも多くの方が覚えていると思います。フィニッシュラインの付近で爆弾テロが発生し、3名が死亡し、最低183名がケガをしました。

テロの脅威はもう日常まで迫っていると思います。比較的に安全たと思われた、有名観光地や欧米の国家たちはもはやテロの安全事態ではなくなりました。海外旅行が大衆化された今日の私たちにもその危険というのは逃げられないものであると思います。もし、上の事例たちの死亡、けが人の数字に目を向けた方はいましたか?爆弾が爆発する場合は現場ですく死に至らないけが人がすごく多く、適切な措置が行われていれば生存の可能性が確かに保てる損傷であります。

それに対する理解のため、今日のテーマとして選びました。爆発損傷やテロと言われれば、怖いものだと感じる方もいると思いますが、自分だけでなく、自分の家族や自分の周りの誰かの生命を救う方法の始まりにもなれるテーマなので、じっくりと読んでいただければと思います。


1.爆弾が爆発すると二つの嵐が発生します。

爆弾が白髪すると爆発性の液体と気体がガス化され、発生したエネルギーが熱と圧力で噴出されます。ドーカン! とですね。そうしながら相次いで二つの嵐が発生します。最初は衝撃波(shock wave)が、その後、風圧波(blast wind)でパッチを突き出します。

その際に衝撃波が身体組織に過度な圧力を加え、発生するのが1次損傷です。

1次損傷に一番弱い身体部位はどこでしょう? 耳(鼓膜), 肺そして腸(胃、小腸、大腸) です (この三つの臓器をよく覚えてください。)お互い密度の違う空気軟部組織が広い面積を向かい合っているためだといいます。見えない損傷を負っているので医者が逃しやすいし、肺や腸損傷は生命に直結になっ足りします。

2.鼓膜損傷(内耳損傷)は逃しやすく、1次損傷の証拠でもあります。

鼓膜が破裂されたなら痛みと耳鳴り等の症状が発生できますし、なんの症状が起こらない場合もあります。知らずにそのまま過ぎてしまう場合も結構あります。しかし、1次損傷ができるくらいに爆発物の近くにいたという証拠となります。
医者の立場からするとこれは重要なカギになります。鼓膜が損傷された?ならばまず、肺と腹損傷等ほかの1次損傷があったがどうかを確認すべきでしょうね。患者の立場からも耳に不便感があるのであれば、直ちに医者に知らせるのが重要になるでしょう。

3.肺損傷は生命直結します。

衝撃波により肺の組織が破れ血が出たり空気が漏れ出すようになり、気胸、出血等が発生し空気及び脂肪塞栓症ができる可能性があります。
医者ではなければこういう用語は知らなくても大丈夫だと思います。気胸や塞栓症のような用語をです。
しかし、必ず知っておきたいものはそれによって発生する症状を必ず、医者に伝えるのが大事であるということです。これは、生命に直結するものですから。

胸のが刺されたように痛く、息が切れます。肋骨が折れたんですか? (気胸)
特に大きな問題ではないと思いますけど、息が切れます。咳も止まらないですし。血又は痰も出てます。 (出血)
胸が苦しいです。ちょっとびっくりしたからでしょうか? 何か詰まった感じで息がしにくいです... (塞栓症)

4.腸損傷は一晩二晩の後から症状が始まる可能性もあります。

衝撃波により、腸の壊死や穿孔(穴が開けること)、取穴、塞栓症等が発生できます。
症状が全然なかったのに24~48時間が過ぎると おう吐や、腹痛などで症状がはじめ進行されるケースもあります。

吐き気があり、腹の具合が悪いです。
腹に何か当たったり、刺されたことはありません。ですが、さっき吐いて、血もちょっと出ました。


その他にも爆発損傷の機構があります。爆発物の中と外の鋭い物体が飛んできて傷ついたり(2次損傷)本人の体が飛んでしまい構造物にぶつかり外傷になる可能性もあり、(3次損傷)爆発する際に発生する発熱と火炎による火傷、吸入損傷、化学物の露出(4次損傷)があげられます。

2~4次損傷は誰から見ても 深刻な状態だな と簡単に見えちゃいます。
しかし、1次損傷は目立たないので、今後応急措置が必要になる可能性が高いのにもかかわらず、一見 深刻ではないように 見える点です。


ある人からは個の投稿のタイトルだけ見て、こう言われる可能性もあると思います。「爆弾が爆発すると死ぬか深刻なケガになるか二つの一つになると思うが、'病院で治療すればそれでいいじゃないか。一体知る必要はどこにあるのか?'」もちろんその通りです。当然病院に行くべきでしょう。しかし、病院についた瞬間こんな状態になっているはずです…(もうすでに戦場)ボストンマラソン爆弾テロ当時の状況を記録している写真です。
800px-Boston_Marathon_explosions_(8652877581)_640x424.jpg

混乱で恐怖に囲まれた、多数の患者たちが応急室に運ばれ、医者たちは病院の玄関に押し寄せる多数のケガ人を深刻度によって分類しているはずです。この分類のステップでもうすでに死んでいる人と死ぬ前なので応急措置が必要な人、そうではない人を区分するようになります。医者は1次損傷をよく区分しながらすぐに検査を行うと思います。しかし、それにも関わらず、こんな修羅場では2~4次損傷が目立つしかなく、1時損傷の痕には目が向かない可能性がないとは言い切れないです。このステップで大きな問題がないと言われ、病院から出たとしても同じです。前で説明した1次損傷の症状が徐々に表れるかもしれないので、本人の身体状態をよくチェックするしか他ならないです。


5.妊婦や佑児が爆発現場にあったら?

爆発が起こった場所から遠く離れる程、被害は大きく減ります。閉じられた空間より、開かれた空間にいた時に被害は減ります。ただ、爆発の現場から遠く離れていたとしても特別に注意を注ぐべきであるのが、妊婦と佑児の場合です。

妊婦の場合はどんな注意が必要でしょうか?
胎児は羊膜に囲まれていますので、直接的な衝撃波の影響は大きくありません。ただし、胎児と妊婦の子宮を結びつく胎盤が損傷される可能性があります。なので、産婦人科専門医の診療とともに超音波と胎児心悸動モニター(ノンストレステストといって、NSTと言われてますね。)が必要になります。

はまず、子供がどうやってけがをしたかその機構を知ることが本当に大事です。
子供は体重が軽いため 3次損傷(風圧波に体が飛んで発生する外傷) がよくありますが、びっくりした子供たちとの コミュニケーションが難しい場合 が多いです。見慣れていない医者にどうやってケガをしたか病歴の聞き取り病歴問診で素早く把握するのが難しいです。大人も同じですが、爆発物に鋭く小さいものたちが混ぜられていて、これによって深刻な2次損傷が発生する場合がありますが、(マンチェスターアレーナ爆発事故当時の爆弾には釘なんかで爆弾を作り出すとかしてましたね...。なんていうことを…)時にはこれは髪の毛の中まで入ってしまって、頭蓋骨の中に位置することもあります。しかし、症状はその場では見当たらないかもしれません!ただ見た目では髪の毛に囲まれて外傷の傷跡も見当たらないですし。


最後に爆弾テロが発生した時の行動はどうなっているかを見てみましょう
テロの特徴と対処方法

爆発テロ事件の場合、

  • カバン等で頭部を保護し,姿勢を低くして爆発時点から離れる。
  • 爆発に遭遇した瞬間は,肺の損傷を防ぐため「少し口を開け」, 首と鼓膜の損傷を避けるため「首の後ろを手の平で覆い,耳を ふさぎ」,目を守るため「目を閉じる」。

がポイントになります。よく覚えておいてください!


References

Tintinalli's Emergency medicine, 8th edition
(ハングル版)韓国外交部海外安全旅行ホームページ
(日本語版)外務省 海外安全ホームページ
Photos&Pictures from wikimedia, pixabay
爆弾 テロ関連新聞記事も参考しました^^

DQmW6qYsoDhwPvqKqGPJopqULujuttasuww9SAEaGYzdCs2.jpeg

原作: @lylm - 응급처치 완전정복 3. 爆発 損傷 Blast injury (내 주변에서 爆弾テロ가 발생한다면!?)
翻訳: @sleepcat
※ 메디팀관련 일본어번역은 mediteam의 허락하에 번역되었습니다. (일부내용은 일본사정에 맞게 첨삭되었습니다.)
※ meditem関連日本語投稿はmeditemの許可の元に翻訳されました。(一部の内容は日本事情に合わせて変更しました。)

  • Tag
  • 0
  • 0
  • View@Mediteam.us 247
Prev Article : 応急措置完全征服 2. アカヒアリに刺される… Next Article : 応急措置完全征服 4. 誰かが倒れるものを見…
Comments :: Steem 에서 댓글 달기
Prev Article : 応急措置完全征服 2. アカヒアリに刺される… Next Article : 応急措置完全征服 4. 誰かが倒れるものを見…