本連載はカプコンのゲーム、逆転裁判からインスピレーションを受け、尊敬の心を込めて、医学法律物として新しく、制作いたしました。実際の韓国判例を基礎として作成いたしましたが、登場する人物や団体、その他状況はすべて仮想のものであり、日本の法律及び、実際の裁判過程とは異なる可能性があります。ご了承ください。」

로메케이지콘2.png

(@cagecorn さんから頂いた絵です。ありがとうございます❕ フォースの溢れるLAW-MEDブラザーズ‼)


上編の続きになります。上編をご覧になっていない方は是非上編のほうお読み下さい。

はがれた酸素マスク 上 リンク



燃えろLAW-MEDブラザーズ - 第 2話はがれた酸素マスク 中


あらすじ

ある日、息子がプレゼントしてくれたプレミアム健康診断で肺がんの恐れがあると診断された海沼直志。もっと大きい病院であるSTEEM病院を訪問し、気管支内視鏡を受ける最中に過大出血で植物状態になってしまう。

息子の海沼桜衛門はいつも父に言われていた意見通り人工呼吸器を外す訴訟を進行し勝訴する。

人工呼吸器を外したが6ヶ月以上海沼直志は息を吸っていて、STEEM病院個室に移して過ごしている中、死亡してしまった。

悔しさを抑えきれない海沼桜衛門はSTEEM病院を相手に訴訟を起こした。

弁護士辛ツナ。 彼を何月か前に勝訴してくれた。その弁護士の名前であった。



(ラウンド2)


STEEM 裁判所


裁判官: では、裁判を再開します。証人は前に来て下さい。

辛ツナ: 今回の証人は亡くなった海沼直志さんの次男である。海沼大一さんです。

裁判官: 宣誓書を朗読してください。

海沼大一: 宣誓、良心に従って真実を述べ,何事も隠さず,偽りを述べないことを誓います。

裁判官: 辛ツナ側から質問お願いします。

辛ツナ: ありがとうございます。裁判官殿。 海沼大一に一つお伺いしたいことがあります。海沼大一さんは普段両親と一緒に暮らしながら親を仕えて来てますね?そして、今回STEEM病院で行った検査に対しても保護者としてなくなった海沼直志さんを仕えたのですか。

海沼大一: はい。そうです。

辛ツナ: 分かりました。よろしければ、検査の途中に脳死状態に陥った時のことを説明させていただけますか。

海沼大一: はい。私は待機室で待っていました。看護師さんがお父さんと一緒に手術室に入って行って…20分くらい過ぎたところですかね。急に医者たちが手術室から出てきてはお父さんは横になったままで集中治療室に移していたのです。

私は驚いて看護師さんにどうなりましたかと聞いてみたのですが、お父さんの状態が急変したと言われて…… 私も一緒に入ってみましたが、その後は待機室でずっと待っていました。その後、兄に電話をかけてましたし。その後は急に医者が来てお父さんの命は救われましたが、脳死の可能性が高いと言われました。

辛ツナ: その時の気持ちはどうでしたか。

海沼大一: 一応、気持ちというものがなかったんです。……これが現実なのかと思ってました…… 兄が来てビンタされてしっかりしろ!と言われ、やっと気が付きました。その後は兄が医者と喧嘩しようとするのを止て、会社からは休みをもらって、ずっとお父さんのそばにいました。

辛ツナ: もう一つお聞きします。亡くなった海沼直志は普段、脳死或いは人工呼吸器を使うことになる、重体に陥ると延命治療を中断させてくれといってたと聞いていますが、事実ですか。

海沼大一: はい。お母さんが肺炎で亡くなられて時に、人工呼吸器を使用した経験があります。その時、お父さんは私たちとお酒を飲みながら、お前らの母には俺が最善を尽くしたが、俺にはそうしないでほしいと言ってました。

又、若い頃から一にの締めは日記を書くのだと言っていたお父さんが、お酒を飲んだら本人のいげん遺言は日記に別に書いといたと言ってました。事件が起こった後、我々はお父さんの日記を読んでみたところ、そこにはこういう文と一緒に延命治療と拒否する言葉が残されてました。

「誰が見ても頑張って生きて楽しく生きてきた。ミサエ。 俺のお嫁。桜衛門、大一の母。あなたに会いたい。」

「もし、俺が気を失って昏睡状態になった場合は、俺の息子は俺をそのまま、あの世に送ってほしい。俺だけは楽に送ってほしい…。」

海沼大一: くうっ…だから…我々は…無残なほど痛ましい心情で……延命中断の訴訟を…出したのです。

辛ツナ: ……以上です。

裁判官: メディチーム。質問お願いします。

メディチーム: 海沼大一さんに一つ伺いたいのですが人工呼吸器を外してからお父さんが自発呼吸を始めてから個室に移してほしいと要求してました。あってますか?

海沼大一: はい。そうです。

メディチーム: 個室は保険の適用外になることは承知の上ですよね?

海沼大一: はい。そうです。

メディチーム: じゃ、一つお聞きします。そんなに無残なほど痛ましい心情で裁判所の命令を受け、人工呼吸器まで外してでもあの世に行かせようとした方がどうしてSTEEM病院、それも個室を要求したのですか。そんなに親孝行をしているかたからは何故、人工呼吸器を外してから個室を要求したのか。そして、なぜ病院治療費用を出してないかを教えていただけますか。

海沼大一: それは…人工呼吸器を外して自ら息を吸っているお父さんを見てたら、私が息を吸うお父さんを見ていたら….私が遺言を言い訳で不孝をやってしまったようでした…それでかすかな希望をもって1人室に移したのです。

治療費は…お前らがお父さんを殺したから責任をとるのが当たり前じゃないですか?!!!!!!

メディチーム: かすかな希望。証人の話は人工呼吸器は外したが、その後の治療は息子としてのすべきものであるということではないでしょうか。以上です。

裁判長: 証人は落ち着きなさい。

  • 辛ツナ側は亡くなった海沼直志が普段、人工呼吸器等の延命治療を行いたくないというものを指摘しましたね。

  • メディチーム辛は保護者から先に保険適用外の個室に移すよう要求したということが、その後の治療を行いたい息子としての考えを見せたのではないかというところを指摘しました。

それでは、次の証人をお願いします。


裁判官: 宣誓書を朗読してください。

八坂二郎: 宣誓、良心に従って真実を述べ,何事も隠さず,偽りを述べないことを誓います。

裁判官: 辛ツナ側、質問してください。

辛ツナ: ありがとうございます。証人はSTEEM病院で呼吸器内科の医者である八坂二郎さんですよね。海沼直志さんの気管支内視鏡を行った方で。

八坂二郎 : はい。そうです…。

辛ツナ: 私が入手した気管支内視スケジュール表です。海沼直志が施術を受けた日を確認してください。

辛ツナ : 八坂二郎さん!あなたはその日気管支内視鏡をする日ではありませんでした!!


八坂二郎 : いや..そんな..

辛ツナ: その日は有名な教授である最上さんの手術が予定されていました。患者と保護者もそれを認知してサインしました。何故急にスケジュールが変更されたのでしょうか!裁判官殿 これを証拠として提出いたします。

裁判官 : うむ。そうですね。認定します。

辛ツナ: 故人と依頼人は変更事実を知りませんでした。これは被告側の深刻なモーラル・ハザード
よる過失だと言えます。
また被告は依頼人に気管支内視鏡検査の必要性、検査を行わない場合の誤診確率、検査による肺の出血、脳損傷等の危険性関する説明をしっかりしていないだけでなく、過剰検査の決定、施術上過失、応急処置上、選択診療違反等の
もしくは不法行為犯しました。以上です。

裁判官 : 次はメディチーム、質問お願いします。

メディチーム : 証人、まずは患者の状態と気管支内視鏡検査に対して説明してもらいますか。

八坂二郎 : 患者は他の病院から肺にガンと見られる塊が発見されSTEEM病院に訪問しました。映像的には肺がんの可能性がすごく高かったのです。咳と血痰症状もみられ、体重も減少していました。
がんなのを確認するためには組織検査が必要な状態でした皮膚と近い肺組織は面からも組織検査が可能ですが、深いところにある場合は特別な方法が必要となります。それが気管支内視鏡です。

これは胃内視鏡と似たチューブを口の中に入れ気道と気管支に入り、組織検査を行うことができます。ただ、肺の場合、血管が発達されている組織検査を行う過程で出血が発生することがあります。特にがん細胞の場合、血管が発達されていて出血の危険性が非常に高いです。なくなった方の場合、他の方より、深刻なケースで組織を取ってから出血が止まらなかったです…私が止血を施行し、心肺心肺蘇生法を直ちに行いましたが…残念ながら..

メディチーム : そうでしたか。肺は血管が発達していて、特にがん組織はもっと出血可能性が高いということですね。
裁判官殿。これは医学教科書でも書かれている内容です。証拠として提出します。

裁判官 : 受け取ります。

メディチーム : 施術した医者が代わったことに対する疑惑がありますが、これについて説明してもらえますか。

八坂二郎 : 以前説明した通り、気管支内視鏡は出血及びその他危険性のある検査であり、熟練された専門医が施行するのが、普通です。STEEM病院では呼吸器内科専門医が主に担当するようになっています。有名な最上先生も専門医ですが、私自身も呼吸器内科の専門医です…。その日は最上先生が施術する予定でした。ですが、最上先生が呼吸器内科の課長でもありまして、急に病院の会議に参席するので、私に頼んだので、それで私がやることになりました。こうなるとは思いもしませんでした。

メディチーム: 裁判長殿。担当先生が最上さんから八坂二郎さんに代わったのは悪意的な意図で交代されたものではありません。八坂二郎さんも同じく、呼吸器内科の専門医として普段、気管支内視鏡を施行してきた医者であります。また、施術上、過失は一部認定しますが、患者と保護者に同意書ももらっております。これを提出いたします。

裁判官 : メディチームの主張は施術中、過失は一部認定するが、がん患者であり、出血の可能性はある施術であることを顧慮せねばならない。また、検査医者が八坂二郎さんに変更されたのは大きな問題ではない、という主張ですね。

辛ツナ: 意義あり!被告は今、善管注意義務を違反したものを単純な管理者の交代を胡麻化しようとしてます!


メディチーム: 意義あり! 単純な管理者の交代を善管注意義務違反としてみるのは過大な解釈です。


裁判長 : ご静粛に! 辛ツナ側、追加で質問するものはないですか。


辛ツナ : 証人、故人は心肺蘇生法後、集中治療室に移されました。そして、人工呼吸器は様々な延命治療が続かれました。人工呼吸器を外せという訴訟に負けるまで。その後、人工呼吸器は除去されましたが、延命治療を続けた理由は何ですか!

八坂二郎 : 医者として.. そして病院の立場で患者の人工呼吸器を除去するのは患者を殺せと言うことと同じです。裁判で負け、人工呼吸器を外しましたが、患者は自ら呼吸を吸っていましたので、ならば残りの医療的な部分では最善を尽くすべきだということが私が今は亡くなられた患者に対する贖罪するものであると考えてました……。

裁判官 : メディチーム側、ほかに質問するものありますか?

メディチーム : 証人、延命治療とはどういうことを意味しますか?

八坂二郎 : 意識はありませんが、息を吸っている限りは一人の人間です。レヴィン管と血管では栄養と水分を提供し、胸にチューブを挿入して肺がんによる水たまりをとってあげました。褥瘡が起きることに対しては、傷を治療し、小便が出るように処置しました。菌の感染の恐れがある場合、抗生剤治療を行いました。人工呼吸器除去以外には生命を維持する部分では最善を尽くしました。こういった基本的な処置をなかったとしたら、故人を餓死させ、感染させて殺すのに他ならないです。

裁判官 : 証人、ご苦労さまでした。本裁判は休廷し、今後、最後の証人審理時間に入ります。次の証人は… 海東青さんですね。その後、判決を言い渡します。


裁判長 : ここでいったん、休憩し、陪審員の意見をお聞きします。

Event!

STEEM陪審員の考えを聞かせてください。
ご意見を残し頂いた方の中から、抽選で3名様に0.5SBDを支給いたします。

少し、休憩に入ります。
陪審員の皆さんからはご自由に最後の意見発言をお願いします。

판사봉.png

トントントン!


原作: @gochuchamchi , @familydoctor

原作絵,bgm: @familydoctor

原作研修: @gochuchamchi

日本語翻訳:@sleepcat



lawmebros.png

第1話が気になる方はぜひ!

燃えろLAW-MEDブラザーズ第1話-赤桜と白葉 上

燃えろLAW-MEDブラザーズ第1話-赤桜と白葉 下

燃えろ!LAW-MEDブラザーズ第1話 解説編[判例+医学編]



※ この作品の日本語への翻訳及びイメージの訂正を@gochuchamchiさん、 @familydoctorさんに許可の上、作成されたものです。
※ 이 작품은 한국어판 "불타올라라 로메브라더스" 의 일본어 판으로, @gochuchamchi, @familydoctor 님의 작품을 번역 및 이미지 수정의 허락을 받아 작업하였습니다.

  • Tag
  • 0
  • 0
  • View@Mediteam.us 232
Prev Article : [Eventあり!] 燃えろLAW-MEDブラザーズ - 第 2話は… Next Article : 燃えろLAW-MEDブラザーズ - 第2話はがれた酸素…
Comments :: Steem 에서 댓글 달기
Prev Article : [Eventあり!] 燃えろLAW-MEDブラザーズ - 第 2話は… Next Article : 燃えろLAW-MEDブラザーズ - 第2話はがれた酸素…