歯磨きをしながら血が出る経験をだれにでも一度は経験したことがあるのでしょう。

問題はありそうだけど、何故なのかはわからない…

疑問でしたか?

まず、歯磨きをする理由から考えてみましょう。

細菌(bacteria・バクテリア)はどこでも存在するものですが、口の中は細菌が一番好む環境を持っています。

暖かく、湿っぽく、糖(glucose・グルコース)が供給されるので、これよりいい環境はないのでしょう。まるで細菌培養器のようです。

この細菌たちは自浄作用が難しい「歯と歯の間」または「歯と歯齦間」でよく見られます。


口腔内最近を染色する試料を塗った依然と以後

細菌が私たちの体に浸透すると、私たちの体を守る細胞たちと戦いが始まります。

これが炎症(inflammation)です。 炎症は4つの症状が代表として発生します。

  • Redness(発赤)
  • Swelling(はれ上がり)
  • Pain(痛み)
  • Heat(熱)

細菌が歯齦と歯間の隙間を通じて侵入すると体を守る細胞たちは血に乗って歯齦へ移動します。

なら血が押し寄せることになるので歯齦が腫れ上がるでしょうね?

そして血が押し寄せているので、ちょっとだけ触っても血が出ますよね?

そして最近と防衛細胞の間で戦いが起こり、戦争場になる歯齦は痛く、壊れますよね?!

結局、最近管理がよくできず、炎症が発生し、歯磨きをしながらちょっと触っただけでも血が出るということです。

また、炎症があったら痛みの発生すると話しました。

歯がムズムズするものからズキズキし、凝って… 持続的に続く鈍い痛みです。

一連を家庭を簡単に紹介しましたが、このような歯齦の炎症を歯肉炎(gingivitis)といいます。
(今後歯肉炎が深刻になるとどのような病気になるかも機会があればご紹介いたします。)

では…

歯磨きをするときに血がでる際にはどうすればいいのでしょう?

結局細菌によるものなので、血が出るところをもっと一生懸命に隅々まで磨けばいいわけです。

血が出ていたいのに続けるべきですかって?

はい、そうなんです~!

続いて隅々まで、軽く磨くべきです。

そうすれば、細菌が除去され炎症がなくなるのですから。

今後は血が出たら避けずにもっと隅々まできっちり歯磨きをしましょう。

もちろん、歯磨きでは解決できない状況もあります。

例えば、歯肉炎(periodontitis)に罹患された場合と歯石(dental calculus)がある場合などです。

これらは歯科に行くべきですよね?!

若い時にちゃんと管理しないと、年を取ってから苦労しますよ。

健康な時にちゃんと守るべきです!


Reference

전국치주과학교수협의회, 치주과학, 제5판, 2010.
대한구강보건협회, 치실 사용법 교육자료

原作: @SMTOP38 왜 칫솔질을 할 때 잇몸에서 피가 날까요?
翻訳: @sleepcat
※ 메디팀관련 일본어번역은 mediteam의 허락하에 번역되었습니다.
※ meditem関連日本語投稿はmeditemの許可の元に翻訳されました。

  • Tag
  • 0
  • 0
  • View@Mediteam.us 348
Prev Article : 実用的な歯科物語 Next Article : 歯の構造を知ってみましょう!
Comments :: Steem 에서 댓글 달기
Prev Article : 実用的な歯科物語 Next Article : 歯の構造を知ってみましょう!