歯科で抜いた自分の歯を観察してみたことはありますでしょうか?

または口の中の歯の形を詳しく観察したことはありますでしょうか?

神様が作ったからでしょうか、歯はなぜこういう形になっているのか…驚くことにそれには全部理由があります。

今日は大まかの歯の構造に対して、簡単に説明したいと思います。

軽い気分で読んでいただければと思います。^^

これから書き込む投稿を理解していただけるためにも歯の構造を大まかに知っておくのが役に立つと思うので。

  • エナメル質(Enamel・エナメル)は私たちの体で一番固い構造になっています。しかし、一度損傷すると、再度回復することはありません。なので、健康な時に守るのがとっても大事です。まるで薄いガラスを何枚か重ねたような構造で、神経は存在せず、歯内部の組織を守ります。

  • 象牙質(Dentin・デンティン)はエナメル質よりは柔らかい構造です。これには象牙質細管(Dentinal tubule)という微細な通路が存在しますが、この通路を通じて歯髄(dental pulp/pulp)の感覚神経たちにつながれていて、冷たく、熱い感覚を感じられるようにします。そして、歯が黄色く見えるのはこの象牙質であるからです。なので、歯を一生懸命!に磨いて白くするという考えは間違えた考え方ですね。もちろん、エナメル質沈着等による変色は解決できるのですけど。

  • 歯の一番中心部には血管と神経などの組織がある構造物が歯髄(pulp)です。位置によって歯髄腔(pulp chamber)と根管(root canal)として、区分します。血管で血液を供給し、歯の生活力を決定し栄養分を供給します。そして、神経は歯のしみる、痛みを感じられるようにします。3大痛みの一つである歯痛が発生した場合は普段ここ、歯髄に問題がある時です。

  • セメント質(Cementum)は歯の根を取り囲んでいる構造物です。エナメル質が歯頭部を取り囲んでいるようにですね。違いがあれば、セメント質はエナメル質により、物理的にちょっと弱い構造になっているということだけですね。

  • 歯のセメント質と歯を取り囲んで骨をつないでいるのhのhあ歯周靭帯(periodontal ligament・歯根膜)です。私たちが食べ物を噛むときに噛む力がそのまま骨に伝われると問題になるでしょうね? そういうわけで、歯周靭帯が緩衝作用をしているのです。また神経と血管が豊富で圧力と痛みを感じ栄養分を供給する役割を果たします。

  • 歯肉(又は歯茎、gingiva 又は gum)は私たちの口の中から見られる赤い粘膜の血管が豊富な組織です。皮膚に比べて傷がついてももっと早い治癒を期待することが出来ます。

  • 骨(bone) の中にも歯を取り囲んでいる骨を特別に歯槽骨(alveolar bone)と言います。別に区分するだけあって、ほかの部位の骨とは違う特徴があります。

今日は本当に簡単に(?) 歯と歯をめぐって構造物を説明しました。

一度だけでは覚えられないようにみえますね?

問題ありません。 大まかに見てもこれからの実用的な内容を理解するには充分役に立つと思います

では次の投稿でお会いしましょう^^


原作: @SMTOP38 치아의 구조를 알아봅시다!
翻訳: @sleepcat
※ 메디팀관련 일본어번역은 mediteam의 허락하에 번역되었습니다.
※ meditem関連日本語投稿はmeditemの許可の元に翻訳されました。

  • Tag
  • 0
  • 0
  • View@Mediteam.us 53
Prev Article : 何故歯磨きをするときに歯齦から血が出るの… Next Article : スケーリングをしたら、歯茎が割れた…!?
Comments :: Steem 에서 댓글 달기
Prev Article : 何故歯磨きをするときに歯齦から血が出るの… Next Article : スケーリングをしたら、歯茎が割れた…!?